DSq_2KfV4AEto1g

自分でもよくわかるハマりっぷりや。


というわけで去年の年末一挙放送から空の境界(というか式)に体ごとどっぷり浸かってまして、今週の水曜にサントラを買い、今日は今日で主題歌をいくつか買い漁ったりと、我ながらだいぶキテおります。

まぁこれも全てFGO福袋で彼女に出逢ってしまったがための衝動ですが、正直自分でもここまで引き込まれるとは思ってなかったですね…一挙放送のときはまだ「槍王…頼む槍王」とか言ってたはずなのに、今はもうただひたすら式の宝具Lv上げたいってなってますもん。


恐らく劇場版では見られなかった”両儀式”っていう人格の色んな面が、FGOだとこれでもかってぐらい見れるのが大きな理由かと思います。他のサーヴァント同様個性的でありつつも、その在り方が凄く自分の好きな感じだったんでしょうね。

例えばネロが”接すると楽しい系”だとすれば、式はもう”そこにいるだけで他にはいらない”って思えてしまうんですよ。それが声を発して一喜一憂するもんだから、満足を通り越して尊みのオーバーキルになるのは必然なわけで。



まぁ一番心打たれたのは興味本位で聞いてしまった誕生日ボイスだったんですがね…いやホント、あの反応もそうだしマスターとの距離感が凄い良かった。