いやぁ、ここ最近全然夢を見れてなかったんですが、今日久々にエッグいやつを見てしまいまして、さすがに脳が見なかったことにはしてくれなかったですね…話の前後はまるで不明ですが、顔も知らない人に左腕を日本刀で斬りつけられる夢でした。

完全に腕が吹っ飛んだわけじゃなかったけど感覚とかはやっぱりリアルだし、痛みがないとはいえかなり鮮明には頭に残ってますね。あんま細かく書くと生々しいからアレだけど、まさにザ・悪夢って感じの体験でした。


しかし夢の中ぐらいは勇敢というか無茶やってみたいなと思うんですけど、どうしてもあの世界だと”剥き出しの自分”しか出てこないので、ただただ怯えるか逃げ腰になるんですよね…昔っから何かに追われる夢をよく見ますけど、ホント追ってきてる対象に勝った例がない。

まぁそういう極限の状態を夢の中で体験してる分、現実の事象に対してはある程度冷静に立ち回れるってのはありそうですけど、それならそれで”対処できた場合”も体験しときたいわけで…いやホント明晰夢さえ会得できればなって思うときあるよ。



ちなみに冒頭で書いた通り夢を覚えてる日の方が今は珍しいので、最近は夢日記もほとんど書いていません。昔は書けば書いた分だけいっぱい見れたんですけどね…。


<< 今日の練習帳 >>

ジト目ちゃん上着伸ばし

もっとこう「ビーン…!」って感じを出したかった。