そういやちょっと前にpixivでEntyみたいなクリエイターに支援するサービス『pixivFANBOX』が始まりましたけど、有名なクリエイターさんたちがこぞって登録してたのは凄かったですね。pixivを覗く度に「◯◯さんが始めました!」っていう通知が来てて、これが今のトレンドなんだなーと蚊帳の外で眺めてる感じでした。

僕はこういうのあまり乗り気じゃないというか、支援者への対価を継続的に提供できる余裕がないって理由で手を出さないようにしてるんですけど、売れてる人がみんな始めてるところを見るとああいう貪欲さみたいのは見習わなきゃと思います。やっぱり飯のタネは多いに越したことないですし、そういう意味では創作を続けるための手段として凄い良いサービスなんでしょうね。

まぁ今の状態だとジリ貧なのもまた事実なので、今年はCG集のほかに何か別のモノも展開できたらいいなぁってのは思ってたりします。具体的なアイデアがあるわけでもなし、それこそ売れる自信なんて微塵もない話なんですが、やらないよりもやって後悔するほうが良いのは決まってますからね。

ちなみに今日こんな話をしてるのは単にネタがないだけであって、「だからこういうのを作ってみました!」的な発表とかは特にありません。最近やたら書くこと多かったからアレだけど、基本これがこのブログのスタンスだからね、仕方ないね…。



でもたまにこういうの書くと自分の頭も整理できるから無駄ではないんですよ。