さて、ブログのネタも落ち着いたし、ぼちぼちこないだ一挙放送された『空の境界 未来福音』の感想でも書こうと思いますけど、意外にイメージしてたよりもボリュームがなかったというか、3つの短編をひとつの作品にまとめて作ったみたいな構成だったんですね。

ひとつは鮮花のルームメイトになる前の瀬尾静音の話、もうひとつは同じ時間帯での式と未来視を持った爆弾魔”瓶倉光溜”の話、そしてもうひとつが黒桐と式のその後を(ほんのちょっぴり)描いた後日談という感じで。まぁ前二つは別々にカウントしなくてもいいような気がしますが、静音と爆弾魔で直接の絡みもなかったし個人的には別でいいんじゃないかって認識です。


そもそもこのボリューム不足、というより”どんな戦いが待っているんだろう”と勝手に期待してしまった原因なんですが、これは恐らくPV(CMの動画)でちらっと見た”式と爆弾魔が戦う”っていう部分が大きく影響してると思います。細部まできっちり覚えてるわけじゃないですけど、なんとなく”大きな戦いがある”みたいな魅せ方だったので、他の章みたいに最初から最後まで爆弾魔の話だと思ったんですよね。

実際放送で中身を見るまでこんな構成になってるとは思いませんでしたし、爆弾魔と決着がついたときも「あれこんなあっさり!?」とちょっと拍子抜けしてしまったのは事実です。


ただこの未来福音の作られた経緯を調べると本編よりかは外伝的、もっと言えば全部終わった後のアンコールというかちょっとしたサプライズみたいなものだったので、それを考えるとこの構成でも納得はできるし、見方としても肩と頭の力を抜いて楽に見れる作品なのかなと思います。どうしても何か仕込みがあるんじゃないかと勘ぐってしまうんですが、”本編の裏であった出来事”と思えばあれ以上のことは何も起きないのも道理ですね。



いやまぁここで荒耶クラスのが出てきてもそれはそれで「おいおいおい」ってなっちゃうけど。


<< 今日の練習帳 >>

ジト目ちゃん胴練

胴の捉え方で試したい方法があったので実践。